写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

久しぶりのレンズ

2012.04.07

category : ポートレート


私は、どちらかと言うと手持ちのレンズを満遍なく使う方だ。





Model : 姫野千恵子



いや、正確に言うとHPに掲載しているポートレートは、使用レンズごとにカテゴライズしてある。
したがって使わないわけには行かない。

この日、持ち出したのは21mm180mmの2本。

なにも両極端な2本にしなくても良いのだけど。
こうなっちゃったから仕方がない(笑

超広角レンズってのは普段から撮っていないと、どうにも勘が鈍ってしまうね。
頻繁に使っていたときは、画角を意識する事なんてほとんど無かったんだけど。
改めてファインダーを覗くと、こりゃ、どうすればいいんだ?

まぁ~場所が特殊な場所ですから、意識してパースを強調したいと思ってアングルを探すと。
何を撮りたかったのか意味不明の写真が量産されたよ。

とりあえず、モデルさんの脚が長~く写っているから、喜んで貰えるかな?(笑

しかし、こうも画角の違うレンズを使ってると、レンズ交換したときに戸惑ってしまうね。
自分の眼がレンズの眼になるまでに、時間が掛かってしまう。
特に望遠から超広角に交換すると、めまいが起きそうだよ。

最近は、昔ほど超広角を使ったポートレートを眼にする機会が減ったけど。
あれも、いわゆる流行だったのかな?






関連記事

tags : ポートレート 超広角 モデル 姫野千恵子 

コメント

超広角のナガレは今でも脈々とレイヤーさん達に受け継がれていますよ!

2012.04.07  ふじた  編集

ふじた さん

そうなんですか!!

彼女達の写真を見る機会が無いので、知りませんでした。
多分、自由に撮っていて、可笑しな定説に囚われない写真が多いのでしょうね。

2012.04.07  H.T House 田口  編集

少なくとも、キャパなど見ていないと思いますので
カチコチなポトレ写真はあまりないですが、わざと歪ませて
撮る写真が良いとされているため、第3者から見ると
ケバケバし過ぎるかもしれません。
カメラ性能に頼りっきりなところはどちらも一緒かもしれませんorz

2012.04.07  ふじた  編集

ふじた さん

なるほど。

なんにせよ写真への興味を覚えてくれれば嬉しいですね。
やがて、自分が撮る写真に満足できなくなった時には、本当に美しい写真を理解できる事と思います。

2012.04.07  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad